大好きなモノ・コトについて自由に書く。日々の日記も。

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KOSS PORTA PRO 25th ANNIVERSARY
Category: audio / visual   0 Comments   0 Trackbacks  
今日はこんなものを買ってきました。

KOSS ヘッドホン『PORTA PRO 25th ANNIVERSARY』

KOSS3.jpg


以前に参加させて頂いた秋のヘッドフォン祭りで試聴したときから気になっていた機種。
たまたま近所のヨドバシカメラで発見したので、勢いで購入しました。(購入価格9800円)
ちなみにオープン型のヘッドフォンを買ったのは初めてです。

今回は、ちょっとしたレビューを。



まずは開梱。

上の写真にある箱から本体を出そうとすると…
KOSS2.jpg
さらに立派な化粧箱が出てきました(笑)

この化粧箱を開けると、
KOSS5.jpg

こんな感じで収められていました。
一番上に革製のキャリングバッグ、中央あたりに記念メダル、それを囲むように本体が。
ちなみに説明書は入っておらず、注意書きの紙一枚のみでした。


KOSS0.jpg
「PORTA PRO」25周年記念のメダル。立派。
ちなみに裏面にも立派な刻印が入っていました。



さて、次は外観。

KOSS8.jpg
本体。
既存のPORTA PROとの違いは、まず全体が黒で統一されています。
そして、リング部分の「25TH ANNIVERSARY」という表記。
KOSS7.jpg


一番の違いはコードでしょうか。
25th ANNIVERSARYはタッチノイズやよじれを軽減するため布であしらわれており、
しかも、おしゃれなツートンカラーになっています。
KOSS6.jpg


本体は折り畳むことが可能で、相当小さくなります。
ちょうど手のひらに収まるくらい。
KOSS9.jpg
写真写り悪くてすみません。。。



全体を見ての感想は…とにかく安っぽい。華奢という言葉がぴったり。
プラ素材むき出しなのは仕方ないとしても、結合部の作りが甘いのでは。折れそう…。
直接肌や頭に当たる部分がスポンジなのですが、使い込んでいくうちに
擦り減ってボロボロになりそう。



着けてみての感想ですが、側圧はほとんどなく、しばらく経つと付けていることを
忘れるくらい軽いです。違和感なく、長時間着けていられます。
私がいままで経験したヘッドフォンの中で、一番心地よい。



肝心の音質について。
この記事を書きながら音楽を聴いていますが、とてもいい感じ。
音の広がりがよく、開放的。でもって、全ての音域でバランスのいい音を奏でてくれます。
低音もしっかり出てるし、女性ボーカルの声もとっても艶やかに聴こえます。
聴き疲れしないし、楽しく音楽を聴くことができます。

開放型であるため、音漏れは盛大で、遮音性も低いと思われます。
電車やバスなどでは使えないでしょう…。



最後にまとめ。
先に安っぽいとは書いたけど、とても個性的なスタイル。結構目立つかも。
着け心地は快適で、聴き疲れせず、楽しく音楽を聴かせてくれる。
きちんと環境を考えて使えば、このヘッドフォンはベストチョイスだと思います。
25年も愛されているわけですね。

標準モデルなら実売8000円くらい。個人的にはめちゃくちゃお買い得だと思います。
このヘッドフォンを受け入れられないという人は少ないのでは。



今回の買い物も大満足でした!




↓こちらは標準モデルです。




このヘッドフォンで聴いていた音楽。
発売されたばかりのNew Album。このCDがまたいい…


スポンサーサイト
rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 09/10出演情報
Category: music   0 Comments   0 Trackbacks  
初日の12月28日、EARTH STAGE 14:15~にPerfumeが出演!
そして最終日の12月31日 DJ BOOTH 20:20~中塚武が出演。
その後21:20~はcapsuleが出演。


Perfume、capsuleの出演は何となく予想はできていましたが…
年末は予定がびっしりです(泣)


ということで、今回は参戦しない予定。
WOWOWで放送されるのを気長に待つとします…。



以上、速報でした。

kauntodaun

個人輸入(代行)に挑戦
Category: diary   0 Comments   0 Trackbacks  
先日walkman X1060を買った私ですが、予備にもう一台欲しい…と
いろいろ物色していました。


XがあるのでAシリーズは不要。買うならSシリーズかなーと考えて
いたのですが、国内向けのSシリーズはカラーリングが微妙。
というか…なんだ、あのツートンカラーのセンスは!?
そして、縦長な感じがまんまiPod nanoっぽくて気にくわない。
オーバーシーズモデル(海外仕様製品)のEシリーズにしようかとも
思いましたが、これもなんかしっくりこない…。

Aシリーズ
NW-A.jpg

Sシリーズ
NW-S.jpg

Eシリーズ(海外仕様製品)
NWZ-E443.jpg


ということで、思い切って個人輸入にチャレンジして、国内未発売の
S540シリーズ(NMZ-S544、8GB)を購入しました。
今回は購入から到着までの詳細です。


今回購入した海外版Sシリーズ
NWZ-S.jpg




とりあえずショップはAmazon.comに決定。
ここなら知名度もあるし、安心感もある。

しかし、いきなり壁にぶち当たる。
Amazon.comで買い物をするときに、CD・DVD・書籍などは
発送してくれるものの、家電も含めそのほかのものは基本的に
発送してくれないことが判明。
私は英語力もないので、代行業者にお願いすることにしました。

代行業者をつかえば、手数料が取られるものの、とにかく楽です。
商品購入までの流れは…

日本の代行業者に注文

業者がAmazon.comに注文

業者のアメリカオフィスに商品が到着。検品、発送

私の家に国際便で発送

といった感じになりました。

そして、かかった金額は下記のようになりました。
商品代金 : 9212円 (98ドル)
代行手数料 : 2100円
アメリカオフィス経由手数料(簡易検品込) : 1260円
アメリカ国内送料 : 1034円(10.98ドル)
国際便送料 : 3155円
輸入関税 : 0円
合計 : 16761円

なんだか、手数料を無駄に払っている気がしないでもないですが…
この手数料が業者の利益になるわけで。それほど高くもないし。
ちなみに代行手数料の2100円はキャンペーン期間中の最低支払額で、
本来は1万円未満→2625円、1万円以上→商品代金の25%らしいです。
探せばもっと安い業者もあるんでしょうかねぇ。

注文してから5日で到着、思ったより早い印象を受けました。


ちょっとした冒険ではありましたが、実際は挑戦というほどもなく、
普通の買い物となんらかわりなく無事に手に入れることができました。



本体の使用感などは、後ほど書こうと思います。
[レポ&感想]Perfume 直角二等辺三角形ツアーファイナル
Category: event   4 Comments   0 Trackbacks  
Perfumeツアー最終公演、ほんとに楽しかった!


今回の席はセンター C4ブロックで、センターステージから伸びている出島の正面。
前回とは違うよさがあり、演出も思いっきり楽しむ事ができました。

そして、、、横浜アリーナの音はやっぱりよかった。
横浜アリーナは広い。以前も書きましたが、その広い会場全部に均等な音を提供するのは不可能。
ライブで一番音のいいポジションはPA席、若しくはPA席よりやや前方の会場中心辺りになるはず。
私の席は比較的PA席も近かったので、いい音で楽しむことができました。
前方に設置されているスピーカーから真っ直ぐ音が伝わってくる。無駄な音の響きはほとんど
伝わってこない。
感じる空気が違うと、受ける刺激も違うことを実感。いい音で楽しむことができました。


セトリもほんとによかったー。
限られた枠のなかで、最高の演出をしようと時間をかけて考えているPerfumeを想像するだけでも
「ありがとう」っていいたくなります。


最初の曲はTake off。3つの円の中からPerfumeが出てくる。
15日は席の関係で完全に死角となっていましたが、今回はばっちり見ることができました。

今回のライブで一際目立っていた、個人的によかったと思うのは「Zero gravity」。
Perfumeの3人がふわふわ、キラキラしてて、みんな笑ってる。
歌詞もとっても前向きな曲で、元気になれる。パワーをもらえる。

Speed of Soundもよかった。3人こそ登場してこないけど、⊿のなかでもトップクラスに好きな曲。
なんでこの曲でみんな座っちゃうんだろうか…。
座ることはいけないことじゃない、否定しているわけではありませんが、少なくとも私はこの曲で
座れません。私にとっては一番踊りやすい曲です。
そして、PerfumeスタッフブログでのSpeed of Soundの扱いに疑問。
セトリが公開されているのですが、なんでこの曲を1曲として数えないんだろう。
本人たちがいないから?着替える繋ぎの曲だから?
アルバムのなかにある、立派な1曲なのに。Perfumeの曲なのに。
特に深い意味はないのでしょうが、個人的にはなんか残念…。

そのあとにくるedge(⊿-mix)はいうことなし。演出が本当に素晴らしかった。この曲が一番長いと
思うけど、私は一番短く感じました。

ワンルーム・ディスコも大好きな曲。イントロでテンション急上昇!!みんなの指が天を指してる
景色は圧巻!!
でも、なんだか踊りづらくてビックリした(笑)
この曲の3人の甘い声、大好きです。

セラミック・ガールは代々木ではmixニ吸収されてしまったけど、今回のツアーで復活。
曲も最高。ダンスも最高。照明の演出がまた素晴らしい。

ポリリズムの盛り上がりは相変わらず。かしゆかが泣いちゃうのもわかります。
あんな表情を見せられると、もらい泣きしそうになりました。
この曲がリリースされる以前と以後で、Perfumeの世界が変わったといってもいいのでは。
それだけいろんな思い入れがある曲なんでしょう。

どれも素晴らしく、内容もよかったんだけど、ひとつ言いたいのは…ラストの曲願い。
会場全体がしっとり、やさしい空気で包まれる。
控えめなリップシンクもありがたいんだけど…どうせならカチッ!っと音程をあわせて欲しかった。
Perfumeの弱点?がモロにでてしまっていた気がする。
私は過去に部活で合唱をやっていた経験があるので、音程をあわせるのがどれだけ大変なことかは
よ~くわかるのですが、、、バックの音と、本人たちの声がケンカしてた。
こればかりはPerfumeの実力次第になってしまうので…もうちょい頑張ってほしいな。



とっても中途半端な感想ですが、これには理由が。
私はライブ中にPerfumeをあまり見ず、聴きに徹して踊っている時間がほとんど。
なので、振りとかもざっくりとしかわからないし、細かなシーンの表情とかも思い出せない。
あと、興奮していて記憶が飛んでいる可能性もあります。
こうやって書いていて、ほんとに見ていないんだなーと実感しました。
ということで、全曲の感想は書くにかけないのです泣
まぁ、ライブを「見に」行っているだけではないので…。楽しみ方は人それぞれということで。



2009.12.17にはライブ写真集「Livefolio」、2010.1.13には今回のツアーのライブDVDが発売されます。
今回のツアーに参加した人も、そうでない人も、楽しめる内容になること間違いなし。早くDVDで見たい…。
そして、来年春にはFC会員限定「ライブハウストゥワー」。

これからも走り続けてくれるであろうPerfume、応援してます。



新曲はいつかな~♪

テーマ : Perfume    ジャンル : 音楽

asobi Halloween party by MARQUEE TOKYO@club asia 2009.10.31
Category: event   2 Comments   0 Trackbacks  
先週末は濃すぎる内容だったため、どこから語ればいいのか迷いましたが、
今回は久しぶりに参加したクラブイベント[asia asobi Halloween party by MARQUEE]について。
Perfumeツアーファイナルの感想は、また後日書こうと思います。

asiaaut
※画像はclub asiaオフィシャルサイトより


イベントの開始1時間前くらいに、渋谷のclub asiaに到着。すでに入場待ちの列ができていて、
このときはだいたい40人くらい。
しばらく待っていると、前売り券持参の人と、当日券の人で列を分けられました。
私は前売り券を持っていたので、前から20人目くらいの位置に。
時間になると入場が始まり、簡単なボディチェックを終え、会場の中へ。


入ってすぐにあるのがLounge Bar。ここでドリンクを飲みながらくつろぐことのできる
スペースのようですが、とにかく狭かったという印象が。
私はLoungeには目もくれず、まっすぐメインフロアへ。
すでにスタートしていましたが、開場して間もなかったので、人の数もまばら。
私は迷わず最前列へ。センター周辺にはすでに人がいたので、センターからやや右よりをキープ。

asiamain
※画像はclub asiaオフィシャルサイトより

フロアの音質は良好!!studio coastも良かったのですが、私はasiaのほうが好みかも。
開場が狭いというのもあり音のバランスが全体的に良く、特に引き締まった低音が
素晴らしい。やっぱクラブはこうでなくては。
club asiaの観客に向けられているスピーカーは、アメリカ Eastern Acoustic Works(EAW)社製の
ものがメインです。
EAWは一般家庭向けの製品が少なく、ご存知の方は少ないと思いますが、PA関連機器では
大手のメーカー。
EAWには既存のスピーカーもありますが、それぞれの会場の特性に合わせたスピーカーを
創ることで有名です。
club asiaのサウンドシステムも、そのカスタムスピーカーを中心に構築されていると思われます。


前置きが長くなりましたが…、ゲストライブの感想から。




ゲストライブの一人目に、SAWAが登場。元気いっぱいの曲で癒されます。
といってもSAWAの曲はあまりわからず…。11月25日リリースのアルバムを告知しつつ、
新曲も披露していました。
ラストに歌った「I Can Fly」は知っている曲なので、いい感じに盛り上がりました。
ASOBINITE!!!のときにもSAWAがサプライズゲストとして登場していました。あのときは
盛り上がりもイマイチな感じがあったけど、今回はSAWA目当てのお客さんも結構いたみたい。
とても楽しいステージでした。
ちなみに曲を回していたのは瀧澤賢太郎さん。


続いてゲストライブ二人目、AYUSE KOZUE。彼女の曲もよく知りません。
Mickey Mouse March [The Mickey Mouse Club] をとってもキュートに歌っていたのが一番
印象的でした。
彼女も11月18日にリリースされるセカンドアルバムの告知、新曲の披露をしていました。
曲を回していたのは大井智保子さん。何かの雑誌の読者モデルだそうです。


AYUSE KOZUEが退場した後、「SUPER SONIC」のイントロが流れ出し、一気に
テンションアップ。
そして、いよいよお目当てのMEGが登場!
登場に合わせ、この時点で私は最前列のセンターを確保しておりました(笑)
めちゃくちゃ近かったのは言うまでもありません。
2曲目は「OK」。この曲で盛り上がらないわけがありません。
アルバム「BEAUTIFUL」からはJOKERを披露。この曲も大好きな曲。
ラストはお決まりの「甘い贅沢」。みんなで「ぜんぶいらない~♪」って大合唱。
たった4曲でMEGとはお別れ。ちょっと…いや、だいぶ物足りなかったです。

MEGがMCで言っていましたが、今回のイベントは入場規制がかかっていたらしいです。
1時間半待ちだったとかなんとか。
この豪華ゲスト陣で、キャパが300人ってことに無理があります。
早めに行っておいて良かった…。


ゲストライブが終わったあとは、MEGのときに後ろで回していたRAM RIDERの出番。
私はMEGの登場であがったテンションを抑えつつ、ヤスタカの登場を待っていました。
といっても休んでいたわけでもなく、ずっと踊っていました。

RAM RIDERの出番が終わったあとだったかな?仮装大賞の発表。外国人の方でした。
なんの仮装だったかよくわかりませんでしたが、ステージ上で賞金10万円を受け取って
いました。封筒にも入れず現ナマで(笑)


そして、いよいよ中田ヤスタカの登場。会場のヴォルテージはマックスに。
ヤスタカはいつもとそんなに変わらない選曲。
capsuleの曲は「more more more」「FLASH BACK」「JUMPER」の3曲。
どの曲も私はテンションマックス、ジャンプしまくり、腕を掲げて、踊り狂っていました。
capsuleの曲でテンションが上がるのは当然なのですが、今回はPassion Pitの国内版
アルバム「マナー」に収録されている曲、
「The Reeling(Yasutaka Nakata [capsule] Remix)」を披露。
この曲、ツボにはまりました。CDでは何度も聴いている曲ですが、クラブで聴くとまた
違った味があり、、、最高でした。



ちなみにPerfumeの曲は披露せず。ASOBINITE!!!では「edge」を披露してくれたので、
期待していたのですが…ちょっと残念。
それと、今回ヤスタカが飲んでいたのはビールじゃなかったように見えました。
カクテルぽかった気が…なにを飲んでたんだろう。

ヤスタカと入れ替わり、ALYNの登場。
私が燃え尽きたというのもありますが、一緒に来た連れも結構限界だったようなので、
彼女のプレイ中に退場してきました。




しかし…オールスタンディングって難しいですね。
私は真後ろに女性が来ていると、なるべく最前列を譲る努力をしてました。
でも…私の近くにいた方が、「絶対ここから動かないオーラ」を出していました。
私が横から押され、その方がいるほうに体重がかかったときは、身体をばしばしと
殴られました。
最前列にいたら、多少強引な目にあうのは普通。
もうちょっと周りや状況をみて、少しでも多くの人が楽しむ場であるべきだと思います。
確かに最前列って楽しいし、比較的踊りやすいのですが、自分より小柄な人が前で
見たがっていたら、そこは譲るべきだと思う。

なんかカッコイイこと書いていますが、私も人のことは言えません。MEG~ヤスタカの
ときはセンターを確保していたので…。
自己中な行動は程々に…ということで。



会場を後にしたのがたしか4時半頃。約5時間半の戦いでしたが、疲労感はそれほど感じず、
とても楽しい時間を過ごすことができました。
次はいつイベントに参加できるかわかりませんが、それまでにもっといろんな曲を聴いて
勉強しようと思います。



asia asobi Halloween party by MARQUEE

DATE : 2009.10.31 (Sat)
TIME : 23:00
PRICE : DOOR:3500yen/1D WF:3000yen/1D
GENRE : Electro Pop

SPECIAL DJ:
■中田ヤスタカ(capsule)
■RAM RIDER
■ALYN
■DJ SAIMURA
■Shingo Oda

SPECIAL LIVE:
■MEG
■AYUSE KOZUE
■SAWA

LOUNGE DJ:
■KOHNO
■KYON
■GIRRY
■DaDa
■DJ SUDA
■DJ PINK BULL
■kiri
■RIE
■Ryuichi Shirakami
■the wharhols
■DJ MAD
■Naoto


以前に参戦したASOBINITE!!!の記事はこちら


10 | 2009/11 | 12
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

かず

Author:かず
趣味の音楽や、興味のあること、
普段感じたことを
マイペースで更新中。

就職、決まりました♪

好きなモノ
音楽(特にエレクトロ系)
クラブ(特にageHa)
ライブ
SONY製品
Apple製品
ヘッドフォン
Xperia
デジモノ全般


当ブログでレビューしているデジモノは、私の主観のもとで書かせて頂いています。
人によってモノの感じ方は違うので、あくまで参考程度で。

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
iTunes エレクトロニックランキング
Amazon
楽天おすすめ
My Twitter
アクセスカウンタ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。