大好きなモノ・コトについて自由に書く。日々の日記も。

スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
beyerdynamic DT 250/80
Category: audio / visual   1 Comments   0 Trackbacks  
なんか、ちょっとマニアックな機種が欲しいなぁ…。
そう考えて、いいものがないかネット上でヘッドフォンを漁っていて発見した機種。
今回はbeyerdynamic DT 250/80の紹介です。

beyer_1.jpg
beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)は、1937年に世界初のダイナミック型ヘッドフォンを発売、1950年には世界初のステレオヘッドフォン発売など、とても歴史のあるドイツの老舗オーディオ機器メーカー。
主に業務用の機器を製造/販売しています。

そんな中で今回選んだDT 250/80は、2006年に発売された業務用スタジオモニターヘッドフォン。

beyer_2.jpg
業務用ということもあり、外箱もとてもシンプルなもの。
ん? 箱を振ったらゴソゴソという音が…

beyer_3.jpg
こんなざっくりしたパッケージ、久しぶりに見ました(笑) MDR-CD900STの白箱以来。
こんな感じで海を渡ってきたのかと思うと、少々心配になりますが…損傷もなく、これはこれで理にかなったパッケージなのかと。


beyer_4.jpg
内容物も至ってシンプル。
本体、脱着式カールコード、コード固定用ビス、説明書、beyerdynamicの紹介・保証規定が書かれた冊子。
国内正規品なので、販売元のティアックのメーカー保証(1年間)が付きます。
MDR-CD900STは業務用と割り切って保証がないので、1年保証がなんとなく親切に感じます。
説明書には本体の分解方法、回路図、仕様・特性などが事細かに書かれていていい感じ。
ただ、いろんな機種の説明書を兼ねているので分厚いのと、全てドイツ語なので全く読めない(泣)
冊子の方は12カ国語対応で、日本語の文もしっかりありました。


beyer_5.jpg
本体の前に、特殊な7極端子の接続部と、固定用のビス。
ビスを止めなくてもしっかり固定されるのですが、ビスを付けておかない意味もないので、サクッと固定しちゃいました。



beyer_6.jpg
サイドから。MDR-CD900STとの比較。
大きさはそれほど変わらず。DT250/80のほうが半周りくらい大きい程度。


beyer_7.jpg
ハウジング部もそうですが、ヘッドバンド部も色気のないこと…。
いかにも業務用で、簡単に交換出来る仕組みです。
MDR-CD900STのほうは、使い込むうちにここにあったロゴが消滅しました。


beyer_8.jpg
外見は安っぽくとも、このベロア調イヤーパッドの装着感は○。こういう細かいこだわりって大好きです。肌に直接触れる部分、ここに気を遣っているのは素晴らしい。


beyer_9.jpg
プラグは金メッキ。標準/ミニプラグどちらでもOK。
80Ωと高めのインピーダンスですが、ポータブルオーディオでも十分な音量が取れます。



外見はこれで終了。ここからは実際使用してみての感想です。
スタジオモニターヘッドフォンということで、主にMDR-CD900STと比較しています。

装着感
側圧はやや強めだが、フカフカで肌触りの良いイヤーパッドのおかげで長時間もつらくない。
私の場合はイヤーパッドの中に完全に耳が収まるので、痛くもならない。
ただ、眼鏡をかけての長時間使用は少々つらい。
本体の側圧と、イヤーパッドの厚みで眼鏡のツルが圧迫されて違和感が。

遮音性
密閉型のなかでは、側圧の強さの割には遮音性が足りない気がする。
MDR-CD900STより、少し良い程度。

音漏れ
これも密閉型としては少々足りない。
耳に優しい音量で聴く分には問題なし。

音質
解像度に関しては、MDR-CD900STの勝ち。かといってDT 250/80の解像度が極端に低いわけではなく、モニターとしての仕事はきっちりと果たしてくれる。そのおかげか、聴き疲れはほとんどしない。
スタジオモニターの割には音が立体的。
高音の伸びはMDR-CD900STに負けるが、低音の表現はDT 250/80のほうが好み。
ただ、若干キレが悪く、ボワついた感じがする。



使ってみた感じは以上です。
見た目はチープ、高級感なんて微塵も感じられない。でもイヤーパッドは気持ちよくて、長時間の使用も平気。
音質も悪くない。MDR-CD900STよりも音の表現力がある。
感覚的には、スタジオモニターとDJモニターの中間くらいかな?

見た目も音も装着感も、全て好みといったらそれまでですが…
私はそれなりに気に入りました。

この機種は定価27,300円と安いものではないので、気になった方は是非視聴を。
というか、ヘッドフォンを視聴しないで買うのはある意味ギャンブルだと思います。



以上、今年3本目のヘッドフォンレビューでした。





関連記事
スポンサーサイト

Comments

313.
>今回選んだDT 250/80は、2006年に発売された業務用スタジオモニターヘッドフォン。

発売は1995年の12月です
http://www.soundonsound.com/sos/1995_articles/dec95/beyerdt250.html

重箱の隅をつついてしまってすみません(^^;

Leave a Comment

03 | 2017/04 | 05
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

かず

Author:かず
趣味の音楽や、興味のあること、
普段感じたことを
マイペースで更新中。

就職、決まりました♪

好きなモノ
音楽(特にエレクトロ系)
クラブ(特にageHa)
ライブ
SONY製品
Apple製品
ヘッドフォン
Xperia
デジモノ全般


当ブログでレビューしているデジモノは、私の主観のもとで書かせて頂いています。
人によってモノの感じ方は違うので、あくまで参考程度で。

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
iTunes エレクトロニックランキング
Amazon
楽天おすすめ
My Twitter
アクセスカウンタ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。